« ひとりめし | Main | 2006年ファーストフラッシュ・ダージリン »

河合隼雄先生の本

Photo
日本人とアイデンティティ―心理療法家の着想

今、出席予定のワークショップのレポートを作成するために課題図書をせっせと読んでいる。この本も課題図書の一つ。
心理学が仕事上必要になってくるのは、わかっていたつもりだったけれど、なかなか本格的な勉強に取り掛かれずにいた私。今も本格的な勉強には程遠いけれど、ちょっとずつでも歩み寄っていければな・・・という気持ちで取り組んでいる。
この本の中に「専門家待望論」というコラムがあって、その中では心理療法の領域では真の専門家と言われる人が少ないと書かれていた。
筆者の言うところの心理療法の専門家とは「ある個人が己の魂の命じる道を歩みつづけようとするとき、その傍にたじろぐことなく同席しつづける人のことを指している(原文まま)」と記している。
ある程度知識を持ったアマチュアが善意によって悩んでいる当人に何かをしてあげようとする場合、逆に相手を傷つけることも多いんだそうだ。
筆者はこうも続けている「悩んでいる人の傍にあって、何もせずにいられるのは鍛えぬかれた専門家でないと難しい(原文まま)」。
このコラムを読んでフと思い出したのは、エサレン・ボディーワークの講習会でティーチャーが言っていた言葉。「今ココにいることを意識する」「相手にただ寄り添う」。
これが中々難しい。困っている人がいれば何とかしてあげたい・・・という気持ちは自然なことだけれど、自分にとっては自然発生した善意であっても相手の為にならない場合も多いことを自覚していかなければならないと改めて思った一冊でした。

|

« ひとりめし | Main | 2006年ファーストフラッシュ・ダージリン »

心と体」カテゴリの記事

Comments

う~。深いですね。
河合先生の言葉から考えると、
心理療法もボディワークも(本当の意味での)、
やはり、めざすところは同じですね。

今回のワークショップは、見送りました・・・
また、様子を聞かせてくださいね。

Posted by: anju | 2006.04.24 at 09:18 AM

anjuさん
本当に深いですよねぇ。でもこれが自然と出来るようになった時に各種療法家としての自信が生まれて来るんでしょうね。
5月のワークショップ残念です。12月を楽しみに待っておりますね。なんやかんやでいつもお会いする時はバタバタしてるので、じっくりお話する機会を楽しみにしています(*^_^*)

Posted by: ten | 2006.04.24 at 10:25 AM

The comments to this entry are closed.

« ひとりめし | Main | 2006年ファーストフラッシュ・ダージリン »