« June 2006 | Main | August 2006 »

July 2006

会いたいヒト

今、とっても会いたい占星術家さんが居る。
今日、フと8月分の鑑定の予約状況をどうなったかな・・・?と思いつつサイトを見に行ったら・・・
ああ、やっぱりもう予約イッパイなのねorz(8月の予約受付は7/27でした)
でも、いいの。
だって今の私には占ってほしいことがないんだもの(おぃおぃ)。
ただ、その人とお話したいだけなんだもの。って、きっと占ってほしいことが出てきた時に予約が取れるのだろうなぁ~。なんて、そんな気がする今日この頃。

|

秋田のご当地ライダー

Neigar

先日、朝の情報番組でご当地ライダーの紹介がされていた。中でも目に止まったのが秋田県の「超神ネイガー」。
笑っちゃうくらいに本格的なんです。
中でも朝から大笑いしてしまったのが、ネイガーさんの持っている武器の数々。
何せ秋田ですからね。
最初のは「キリタン・ソード」。巨大きりたんぽですよ、コレ(爆笑)。きりたんぽで叩かれてもあんまり痛くなさそうですけど。色々思い当たるフシがあって暫く笑いが止まらなかったですよ・・・ひーッ。
Kiritan
Burikogun

いやぁ、どこの世界も情熱があるもん勝ちってことですよね。ホント。

公式HPはこちら

|

【なにバトン?】

夫から貰ってきました。

□■ルール■□
見た人は絶対やること!!!
経験したことあるものには○、
無いものには×をつける。

入院・・・× 健康体です(^_^)
手術・・・× いたって健康。
骨折・・・× いやー、本当に健康だ。 
献血・・・× 血圧が低すぎて出来ません。 
失神・・・× 
しゃぶしゃぶ・・・○ あんまり記憶がないけど、。
エスカルゴ・・・× 
補導・・・×
女を殴る・・・× 女の子には優しいの。
男を殴る・・・○ +蹴り有り。男性にはスパルタです。
就職・・・○
退職・・・○ 二回ほど。
アルバイト・・・○ レジ打ち、工場、売り子、バニー 
海外旅行・・・○ 英国のみ
ギター・・・× 弾けません
ピアノ・・・○ 
バイオリン・・・× 触ったこともありません。
メガネ・・・○ 高校の時は授業中のみメガネッ子でした。今はコンタクト。
オペラ鑑賞・・・× 
テレビ出演・・・○ 深夜番組のロケで。
パチンコ・・・○ 昔は結構やっていた。今はやらない。
競馬・・・× 
合コン・・・○ あまり楽しんだことはないかな、残念ながら。
北海道・・・×
沖縄・・・×   
四国・・・×
大阪・・・○ 出張と追っかけ。
名古屋・・・○ 出張と追っかけ。
エスカレーターを逆走・・・× そんなことできないよ。
フルマラソン・・・× 走るのは苦手です。
自動車の運転・・・× 免許ないので。
10kg以上減量・・・○ 高校生の時
交通事故・・・× 
電車とホームの隙間に落ちる・・・×
1万円以上拾う・・・×
1万円以上落とす・・・×
徹夜で並ぶ・・・× 
ピアス・・・○
50万以上の物を買う・・・○ 
ラブレターをもらう・・・○ 告白のは×。恋人からのは○。
一目惚れ・・・○  しやすいです。
幽体離脱・・・×
先生に殴られる・・・× 
徒競走で1位・・・× 
妊婦に席を譲る・・○ 
他人の子供を叱る・・・○ 
20過ぎてシラフで転ぶ・・・○ 良くあります。
同棲・・・△ どうかなぁ? 
ストリート誌に載る・・・×
2m以上の高さから落ちる・・・○ 渋谷駅の階段から
学級委員長・・・× 
恋人が外国人・・・×
刺青・・・×  入れたいですねー。
ナンパ・・・○ 
逆ナンパ・・・×
ディズニーランド・・・○  ディズニーシーで呑んだくれました。 
一人暮らし・・・○  自由っていいね!
スキー・・・× 興味なし。
スノボ・・・× 興味なし。
サーフィン・・・× 流されそう。
異性に告白・・・○ 
同性から告白される・・・× 
喫煙・・・○ 
禁煙・・・○ 
酔って記憶をなくす・・・○ 昔は度々。
飲酒運転・・・× 呑むけど運転できません。
保証人・・・×
幽霊を見る・・・× 
先生を殴る・・・× 
親を殴る・・・× 蹴りはあり。
キセル・・・○
食中毒・・・×
無言電話・・・× 無言にしとけばよかったよ(苦笑)
ピンポンダッシュ・・・○

|

Happy Ending 至上主義!

映画でもドラマでも本でも漫画でも、どんなものでもハッピー・エンドが好きだ。
だって、ハッピー・エンドでは少なくとも幸せな気分で終われるし、日常の生活にはなんの支障もきたさない。
その代りと言ってはナンだけど、哀しく終わるお話は私をとてつもなくブルーにさせてしまう。所詮、フィクションなのに馬鹿馬鹿しいな・・・と自分では自覚があるのだけれど、その影響力と言ったら物凄い。
泣いたり、苦しくなったりという身体症状はモチロンのこと昔の思い出したくない記憶を引っ張りだされたり、リンクしようが無いような哀しいことを思い出したりするのであった。そんな状態を目の当たりにしなければならない家族にとってはこの上なく迷惑なのである。

昨日、友人とそんな話をしていたら、友人は優しく私にこういった
「でもさ、それってある意味感受性が豊かってことじゃないの?」
・・・そうなの?そうなのかな?本当に?
境界線(バウンダリ)が曖昧なだけなんだろうと思っていたが(笑)
彼女の優しさを含んだ言葉に、ま、そうゆうことにしておこうかな・・・なんて気持ちになったりして。

でも、最後はやっぱりハッピーがいいよな。

|

活字ジャンキー

もともと何かにつけて嵌りやすい人間なのだけど、ここのところ人生最大の中毒に見舞われている。8年位前にもこんなことがあった。作家の原田宗典氏にハマッた時だった。文庫本を読み漁って、何かにつけて読んでいた記憶がある。
今は、別に作家さんにはまっているわけではなく、何かと活字を読みたくなってしまう「活字ジャンキー」。
内容は人のブログでも雑誌でも書籍でもなんでもいいのだ。活字であれば。

ハマリやすい性格っていうのは、それに厭きた時の落差が酷くて周囲をビックリさせてしまうので、最近どーかと思うようになった。私の場合執着がなくなった時のあの冷徹なまでの手放し方は、自分でも身震いするほどで。
ま、今後の課題は「少し愛して、ながーく愛して」ってことで、何事に対してもですけどね。(苦笑)

|

一時的に

コメントスパムが続いているので、一時的にコメントとトラックバックの受付を禁止したいと思います。ちょっと落ち着いたらまた受付できるようにしますので、何か御用がありましたらメールでご連絡くださいね!

|

コメントスパム

ちょっと前からコメントスパムにやられまくっている。
ニフティの方でも対策を嵩じているとか言ってるがこちらホントにやってんのか?!
と思い、また見たら・・・orz

| | Comments (0)

5人の彼氏と一夫多妻制

先日、常に5人彼氏がいるという人の話を聞いた。
5人って、何気に凄い数だ。5人居たら毎日がさぞかし華やかであろう。忙しすぎて気が抜けないかもしれん。
そんな風に思ってフト、考えた。
5人の中でも優劣はつけちゃったりするのか?やっぱり、この人は外せない・・・とか、こいつは後回しでいいや・・・とか、そうゆうのってあるんだろうか?

少し前に先輩アロマセラピストさんのブログで一夫多妻制とか一妻多夫制が国によって採用されていて、しかも子供を大勢で育てる環境が良いと言われているようなことが書かれていた。
でも、自分のほかに沢山の奥さんや旦那さんが居て、夫(もしくは妻)は皆に平等だと言っても、絶対的な平等ってのはありえないと思う。そんな中で、全ての女性の子供達が同じように育っていくものなんだろうか?両親達の愛憎劇に巻き込まれることはないんだろうか?大奥みたいなことにはなったりはしないんだろうか?
今の日本では、多分、そうゆう制度はあまり子供にとって良くないような気がする(漠然とだけど)。
実際そういった制度を取り入れている国々は、制度的にも古い歴史があって、親のエゴみたいなものは「とりあえず置いといて」って感じなんだろう。だから、制度的にも上手くいってるんだろうな、と思う。

しかし、5人の彼氏がいるってのは、実際のところ凄い。実質的にも、精神的にもタフじゃないとダメだと思う。
でも、彼らに対する愛情も5等分されちゃうんだろうか?

| | Comments (2)

理想の自分を手放す

実は今、髪の毛を伸ばしている・・・といっても、もう相当の長さになってきた。
3年前、会社を辞めて1人で仕事をしようと決めた時に、腰まであった髪の毛をバッサリ切ってショートカットにしたのだった。その時は、まぁ色んなことがあってそう決めたわけだけど、今の職業に関してのめっちゃ偏ったイメージの決め付けがあったのだと思う。印象はこんな感じで、服装はこんな感じ、そして仕事に関しても、こうでなくっちゃ・・・と。理想の自分を現実にしなくちゃ失敗するんじゃないかと言う恐怖からの防衛反応だったんだろうか?

先日、久しぶりにあった同僚から「○○さん、随分雰囲気変わったねー」と言われ、自分ではそんなに見た目を代えたつもりは無いがなぁ・・・と考えあぐねた結果、前述のような理由に辿り付いた。
そうだ。彼女はきっとセラピストとしてのコスプレをした私しか印象にないのだ。3年以上前の自分は殆ど無意識に全否定していた私は、なんのきっかけか、「今までの自分も精一杯生きてきたんだから、まぁ、いいじゃないの」という状態になってきたらしい。
そういえば、「施術の時に白衣を着る」という習慣も、ある時別にどうでも良くなった。今回のセラピスト・コスプレについても今はもうどうでも良くなってしまった。ただ、自分が心地よい、好きだなーと思うように生きていければいいなと思う。
いくらか成長したってことなんだろうか?

| | Comments (0)

京 都に行きます

なんだか、ブログのカテゴリーって・・・イチイチ悩んでしまいます。

いっきに色んな事が動いたので8月の上旬に京都にフラワーエッセンスの講習会のため赴くこととなりました!わーい!ドンドンドンドン
ということで、昨日は仕事から帰宅し、食事も作らず(ごめん、夫)必死に宿泊するホテルを探していたのだけれど・・・。なんなの?これは?
8月ったって、まだお盆休みじゃないのにー。なんでこんなにホテルが取れないんですかッ?
しかも、通常より高いしッ(ま、そりゃそうか)。夏休みがある人たちはいいよなぁ~と半ばウラブレながらやっとのことでホテル予約完了。ふー。
しかも、この気持ちをアップしたかったのにも関わらず、ココログ重ッ。(゚Д゚)

ということで、今日は仕事上がりに昼飲酒しながらユルユル気分です。たまにはこんな日があってもいいやね。

| | Comments (2)

お気に入りのサイト

最近、物凄く楽しみに足繁く通っているサイトがある。
どうゆうサイトかというのはココでは省略することとして、ともかく作品を書いている方の文章が素敵&面白いのだ。一番最初に作品を読んだ時は、あまりのインパクトに目から鱗が飛び出るほどであったけれど、いくつか読み進んでいくうちにとてもファンになってしまったのだった。

文章ってのは、その人の色んな面を如実に表していると思う。
私の周りには各ジャンルでモノ書きをしている友人が意外と多いのだけど、文章を読んで実際に本人と会って話したりすると、「らしいなぁ」と思ったりすることが多いし。
作品のジャンルや嗜好は違っても今までその人が生きて触れてきた色んな事を、ちょっとずつ削って産まれた作品だからこそ、人のココロに強い印象やら感動やらその他様々な感情を呼び起こすんだろうなぁ・・・と文才の無い私は憧憬に似た気持ちで眺めるのである。

書いている方は、色んなジレンマやらプレッシャーで色々思う事は多いのだろうけど、人間好きなことをやって生きていくのが一番幸せなんだもん。
どうか、そのまま突っ走っていただきたいな(笑)と余計なお世話サマながらにも思ったりして。

最近、ちょっと元気が出なかった私にとっては、色んな面で刺激剤になっていることを、当の本人は知る由も無いのだけれど(^_^)

| | Comments (0)

しあわせですか?

今、「幸せですか?」と聞かれたら、一体なんて答えるだろう?

私の場合、もう何年か前に聞かれて、とてつもなく困ったことがあった。
だって、「幸せです!」と満面の笑みで答えるのも正直言って嫌味っぽいし、だからと言って「そうでもないの」とか言っちゃうほどの悩みも抱えていなかったし、そしてその人に生活のアレコレを話すつもりもなかったし。

ウルフルズの「サンキュー・フォー・ザ・ミュージック」というアルバムに「しあわせですか?」という曲が収録されている。このアルバムの中でも大好きな部類に入るファンキーな感じの曲なんだけれど、サビの「しあわせですか?」という歌詞の後にコーラスが入っていて、それが凄くピッタリくる感じなのだ。

コーラスはというと
「ね~?そうね~?」

これって、凄いファジーだけど、妙な説得力があると思わない?
日本語ってなんか遠まわしな表現が多くて難しいけど、こうゆうシチュエーションにはぴったりだよな!といつも思いながら聴いているのだった。

因みに、私に「幸せ」かと聞いてきたのは外国人。あいまい表現大好きな日本人としてはぼかしたつもりで”so so”と答えた私であったが、すぐさま隣にいたアメリカ在住の友人に『その表現はあんまり幸せじゃない時に使うのよッ!!』とその場でフォローされてしまった。ヒエー!!
知らなかったよ。そんなのガッコじゃ教えてくれんもんね。
学校では、こうゆう際の対応の仕方とか教えて欲しいもんである。

| | Comments (0)

いきなり左脳作業

前期の講義が終わって、あまりの開放感にここのところすっかりダラケまくりの私・・・。
今日は久々の休みだったので、昼に起きてぼーっとした頭でメールチェック。

「ショートセミナー」

おお。すっかり忘れていたわ。私、頭使わなくちゃいけない仕事もあったんじゃない!
そろそろ、右脳から左脳に切り替えなくちゃだ。いや、もともとエセ左脳ぎみな人間なので仕事モードに入っていないとすっかり本能だけで生きているのかも。ううむ。
すみません、T橋さん、さっそく切り替えます(大汗)

ということで、予定通りいけば、今月末は鹿児島出張。
どうなることやら・・・。

| | Comments (0)

愛って何だ・・・?

さっき、仕事でずっとPCに向かっていてかなり精神的に消耗したので大好きな占星術家・石井ゆかりさんのブログにフラリと立ち寄った。
「石井NP日記/あまくない

石井さんのまっすぐな言葉に涙が止まらなくなった。

最近、私のハートチャクラが知らず知らずに変化している。
何だか自分でも全然理解できないが、絶対に変化が起きている。
そんな時に、石井さんのまっすぐで潔い言葉が胸を締め付けた。

別に私は同性愛者でも現在恋愛で悩んだりもしてないけど、なんだかもっと大きな課題をなげかけられているようなそんな気持ちになった。

石井さんはご自分の文章を「口汚い」と書いていたけど、どんなに口汚くてもまっすぐな言葉は力を持って心を貫く。(別に全然口汚いとは感じなかったけど・・・)

| | Comments (2)

« June 2006 | Main | August 2006 »