« 京 都に行きます | Main | 5人の彼氏と一夫多妻制 »

理想の自分を手放す

実は今、髪の毛を伸ばしている・・・といっても、もう相当の長さになってきた。
3年前、会社を辞めて1人で仕事をしようと決めた時に、腰まであった髪の毛をバッサリ切ってショートカットにしたのだった。その時は、まぁ色んなことがあってそう決めたわけだけど、今の職業に関してのめっちゃ偏ったイメージの決め付けがあったのだと思う。印象はこんな感じで、服装はこんな感じ、そして仕事に関しても、こうでなくっちゃ・・・と。理想の自分を現実にしなくちゃ失敗するんじゃないかと言う恐怖からの防衛反応だったんだろうか?

先日、久しぶりにあった同僚から「○○さん、随分雰囲気変わったねー」と言われ、自分ではそんなに見た目を代えたつもりは無いがなぁ・・・と考えあぐねた結果、前述のような理由に辿り付いた。
そうだ。彼女はきっとセラピストとしてのコスプレをした私しか印象にないのだ。3年以上前の自分は殆ど無意識に全否定していた私は、なんのきっかけか、「今までの自分も精一杯生きてきたんだから、まぁ、いいじゃないの」という状態になってきたらしい。
そういえば、「施術の時に白衣を着る」という習慣も、ある時別にどうでも良くなった。今回のセラピスト・コスプレについても今はもうどうでも良くなってしまった。ただ、自分が心地よい、好きだなーと思うように生きていければいいなと思う。
いくらか成長したってことなんだろうか?

|

« 京 都に行きます | Main | 5人の彼氏と一夫多妻制 »

心と体」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.